日々のことをなるべく、頑張って、できれば、週一で書けたらいいなとか思っているぐらいダメな朱煎が書くブログ。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

驚きの一月
 こんばんは、朱煎です。

 この日記を書いている時には既に2月となりました。
 アジアカップ決勝で李選手の芸術とも言えるボレーシュートに鳥肌が立ち。
 魔法少女が頭から食べられて違う意味で鳥肌が立った一ヶ月でした。

 現在原稿を必死に書いておりますが、書きながら最近よくテレビを見るようになりました。
 寒くなってきたのも原因で、居間でポメラを片手にカタカタとタイプ作業をしている日々。
 そのせいかパソコンの前にいることが少なくなり、テレビを見ることが多々ありました。

 よく観ていたのが映画とサッカー中継でした。
 サッカー中継はアジアカップの初戦からすべて観て、ついこの間の感動を頂きました。

 映画は、レッドクリフを観ました。
 三国志の赤壁の戦いをモチーフにした作品で以前は超大作として宣伝していました。
 実施に前編は人間ドラマや心理戦がとても面白く、引き込まれる映画でした。
 ただ、後編の戦闘シーンがなぜかとてもしょぼく見えたのが気になります。
 三国志最大の戦いという割りには、白兵戦の時の兵士の人数が目に見えて少なく見え、曹操の頭を矢が掠めると謎の悲鳴を上げる始末。
 きっとジョンウー監督には何か思いがあったのでしょうが、戦闘シーンがしょぼく見えてがっかり。
 戦闘以外がとても面白い映画。
 なんか変な感覚ですね。

 夏コミの申込をしながら例大祭の原稿をかきかき。
 これを書いたらゴシックを見ながら原稿します!

 それではまた次回!
Copyright © 朱色の煎餅. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。