日々のことをなるべく、頑張って、できれば、週一で書けたらいいなとか思っているぐらいダメな朱煎が書くブログ。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寄生獣
 何か壁にぶつかったりして、物事が上手く行かない時、
 寄生獣を読むと何か胸の内がすっきりとします。

 原稿が手につかない時も気晴らしに寄生獣を読むと新たなアイデアが生まれてきます。

 20年ほど前の作品ですが、今現在この作品を超える作品を読んだことはありません。
 私の中で最高の漫画であり、きっとこの先も変わることがない作品でしょう。

 人間と寄生生物、どちらが化け物か判らない物語。

 寄生生物とはなんのために生まれてきたのか。

 そんなことを深く考えさせられる漫画です。

 もし手に取る機会がありましたら、読むことをお勧めいたします。
 少しグロテスクな表現もありますが、後半はそのグロテスクがないと物語の面白みが欠けてしまいますので、そこは我慢していただくしかありません。

 私は壁にぶつかった今も、これのお蔭で乗りこえられそうです。

 給料日まで!!

 だってお金がないっていう壁にぶつかったんだもん。
 というか、もっと大変な壁に当たってからこの日記書けよ、と思う今日この頃。
 給料日が待ち遠しいなぁ。
Copyright © 朱色の煎餅. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。